{ TOXIC }

♡XXXXXXXXXXXXXXZXX
--/--/--(--) --:--  
スポンサーサイト xxx
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


xxx diz

スポンサー広告 | | | edit
2011/07/16(Sat) 01:08  
Harry Potter and the Deathly Hallows Part II レビュー! xxx
1sheet_20110716003744.jpg

★評価
★★★★★
 Perfect !

公開初日に見れたことをとても嬉しく思います。
そう、これで最後。このシリーズのキャストと同じ世代に生まれた私にとって
ハリーポッターシリーズはとても想い出深い作品です。

ハリーには、夢と友情の大切さと勇気と感動、多くのファンタジーを頂きました。
THANK YOU HARRY !

キラキラした夢のようなファンタジーから始まり、最後の命をかけた戦いまで
10年が経ちました。
その間、毎年公開を待ち遠しく待っていた日々がもう来ないと思うととても寂しい。
それでもまた、ハリーに会える気がする希望のラストでした。

「これが最後」
この言葉の通り、すべてのシーンがクライマックスで目が離せないです。
今まで出てきたキャラクター総出で、豪華で、大迫力で、衝撃の事実まで分かってしまう今作。

コレが終わったらもう本当に終わりだから見たくない!と思いつつも映画館に足を運んでしまった。
期待を裏切ることなく、その上をいってくれた今作に大満足です。

3Dで見たんですが、2Dでも良さそうですね。
飛び出したり、奥行きを感じるということはあんまりなかったです。

最初のタイトルロゴが出てくる前から、泣いてました。
それくらい、感極まってしまうほど、このシリーズが大好きだった自分に正直驚いた。

今作で、何回泣かされたんだろう?
数えたら5、6回は泣いたかもしれない。
苦しみの涙、悲しみの涙、感動の涙、希望の涙。
それぞれの涙は違うけど、ハンカチとかティッシュは必須です!笑

harry-potter-deathly-hallows-part-2-1.jpg

この3人はともかく、他のキャラクター達の活躍っぷりに思わず顔がほころんでしまうほど
上手にまとめられていました。

私の大好きなマルフォイは最後までマルフォイらしかった。笑

マクゴナガル先生の活躍とネビルの活躍はポスターリリースから勘づいていましたが
かなりかっこよかった!ネビル、めっちゃ美味しい役だな~!♡

今までのシリーズを見ていないと、理解しきれない部分がたくさんあると思うので
もしまだ見ていない場合は、おさらいしてから行くことをおすすめします!

では、ここからネタバレも含めて、感想を書きますね!

dh2still-013.jpg

まず最初のシーンでトビーのお墓が出てきたり...
最初から泣かせるつもりかい!!笑 と思いながら、泣いてしまいました。

今作ではかなり、え!?という人の死がいくつかあって
一番哀しい死はあの先生です。

あの先生の過去の回想シーンは涙なしでは見れません。
そんな過去があったのか...と。
今までの憎たらしい、でもどこか愛のある眼差しをした先生の目を思い出しました。
最初から気づいていたのかもしれない、、、悪い人じゃないかもってことに。

本を読んでいないので、いまいちな部分もありますが
ダンブルドア先生は悪人なのか?ハリーを利用していただけなのか...?という疑問が残りました。

ハリーを愛しているから手助けをしたのではなく、その時のために生かしておく。
それだけのためにハリーに優しくしていたのだとすると...
少し見る目が変わっちゃいますね...

スネイプ先生とリリーの守護霊が鹿なのは、きっと結ばれるべき運命だったから...
それなのに、いきなり現れたジェームズポッターに奪われてしまった...
なんだか、ジェームズポッター、めっちゃ悪いやつじゃん。笑 と思ってしまいましたよ。
引き裂いたのは彼ですからね。笑

それでもハリーは自分の息子に、アルバスダンブルドアの名前とセブルススネイプの名前を付けた。
ということは、まだ、ダンブルドアに敬意があるということ。
なぜ?って思ってしまう。
ここら辺は原作を読まないとな~。
ダンブルドア、結局良い人なの?悪い人なの?というところが気になっちゃって。

2回目も観に行くつもりなので、おさらいしてから観に行こうかな!

マクゴナガル先生、ロンのママ、ネビル、大活躍ですよ~~~!
ネビルの「命あるうちに伝えたいんだ!!」というセリフがかっこよすぎて...
ルーナがすきだったんかーーーー!!!!と叫びそうになりました。

ロンとハーマイオニーも急激にイチャイチャしはじめて。笑
もっと早くお互いに正直になれば良かったのに...と呆れるくらいのイチャつきっぷりを見せてくれましたよ。

ルーピン先生夫妻と、フレッドとジョージ...
軽く扱われてたけど泣けました。

まさかね...
そんなはず...と思っていたら。。。
ルーピン先生の名言はフラグだったのか...

延々と書いてしまいそうなので、この辺で。
私もホグワーツのためなら、戦う!!
そう思える素晴らしい学校でした。

コレが最後、な感じがしないラスト。
これからも魔法学校は続いていく...

1を思い出させるようなBGMで幕を閉じたとき
私は、またハリーたちに会える気がしました。
関連記事


xxx diz

movie | | | edit
FX会社通貨数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。