{ TOXIC }

♡XXXXXXXXXXXXXXZXX
--/--/--(--) --:--  
スポンサーサイト xxx
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


xxx diz

スポンサー広告 | | | edit
2010/05/28(Fri) 00:26  
02 空のお散歩 - ソフィーのために - xxx
01の続きです。


tumblr_l22vw0Q8UL1qafew8o1_500.png


彼女にとってその日の出来事は夢のようなことでした。
けれども、それが夢のようであればあるほど、彼女は心の片隅で
こんな風にも思っていたはずです。

「彼が自分を《空の散歩》に誘ったのは、単なる彼の気まぐれ。
じゃなかったら、本当に彼が追っ手をまこうとしていたとき、たまたまそこに私がいただけ。
だって「きれいな娘の心臓を取る」ハウルは決して「きれいではない」私をわざわざ選んだりしないはずだから...」

恋とは、自分が思い定めた特定の相手から、自分もまた特定の者として選ばれることを欲するということです。

けれども、不意にその相手に自分が選ばれたとき、そこに恍惚とともに不安 ーー
それがたまたまのことであって、自分が相手に本当に選ばれたわけではないのではないかという不安 ーー
が 心にわきあがってくるのは、なにもソフィだけに限られた心の動きではないはずです。

仮に恋というものが、相手のことをかけがえもなくすばらしいものに思いなすことだとすれば
恋に落ちた者が自分のことを、相手に全く値しない者ではないか、と考えるのはごく自然の事柄のはずだからです。

とはいえ、彼女は彼に恋をしてしまったのです。
どうすればいいのでしょう?

初めての経験で心の整理がつかないまま
彼女は自分のお店に帰ってきます。

彼女は日が暮れて一人帰り着いた自分の店にカギをかけ、小さな明かりをつけます。

すると突然、ハウルの心臓を狙っているという《荒れ地の魔女》が彼女の店に入り込んで来ます。

魔女がやって来たのは、彼女がハウルに関わったからだといいます。
魔女はソフィに魔法をかけます。
魔法にかけられたソフィはおばあさんになってしまいます。

なんだか不思議な話です。

それにこの《魔女》が述べる、ソフィのもとへやってきた理由は
見る者にあまり説得力を持っているように思えません。

現に、塾の中学生たちはここらあたりでなんだかわけがわからなくなったそうです。

唐突な魔女の出現、おばあさんになってしまうソフィ...

たしかによく分かりませんね。

でも逆に言えば、ここをなんとかわかれば、全体の構図も見えてきそうです。

さて、魔女であればソフィをカカシにでもカエルにでも石ころにだって変えることが出来たはずでした。

なのになぜ、この《荒れ地の魔女》はソフィをわざわざ《おばあさん》なんかに変えてしまったのでしょう。

ひょっとしたら、この《おばあさん》ということの中にこそ
この物語の秘密が隠されているのかもしれません。

《おばあさん》という概念にはもちろんいろいろな側面があります。
けれど、この話が《恋》の話だとすれば、ここで語られる一番重要なことは
たぶん《おばあさん》とは「女性でありながら、もはや《恋》の対象としては愛されることのない者のことだ!」ということでしょう。

つまりソフィが《荒れ地の魔女》によって《おばあさん》にされてしまったということは
「彼女がハウルと恋をし、結ばれることは不可能である!」ことをこの《魔女》に宣言されたということなのです。

では、ソフィに「あなたは《おばあさん》=《恋愛不適格者》だ」と告げた《荒れ地の魔女》とは一体何者なのでしょう?

でもそのことを考える前に、そもそもカギをかけたはずのお店の中に、なぜ魔女は入って来られたのかを考えてみましょう。

魔女だから?

本当にそうなのでしょうか?
(だって、あのとき以外《荒れ地の魔女》や魔女の手下たちはドアさえ閉まっていれば彼女がいる部屋の中に入って来られませんでしたよ。)

もう一度あの場面に戻ってみましょう。

場面は外から戻ってカギをかけただあれもいないお店でした。

外から戻ってカギをかけただあれもいない場所...
そんな場所を思い浮かべてみるとき、まず思い浮かぶのは自分の部屋です。

けれどそこには家族だってノックなしに入っては来ないはずです。

では一人きりになってちゃんとカギをかけたのに、不意にだれかがノックもなしに入ってくる場所っていったいどこなんでしょう?

よーく考えてごらんなさい。

すると、そんな場所を私たちの誰もが一つ持っていることに気づくはずです。

関連記事


xxx diz

連載 ハウルの動く城考察 | | | edit
FX会社通貨数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。